脱毛テープ わき毛処理

脱毛テープでわき毛処理するメリットとデメリットは?

脱毛テープの脱毛方法は、テープをわきに貼って毛の流れに沿るように一気に剥がしますので、原理はガムテープをはがす用な感じですが脱毛テープの粘着力のほうが、かなり強く毛がテープにしっかり付着します。

 

 

脱毛テープを使った処理は、テープに付着させる必要がある為ある程度の毛の長さが必要になりますので、毛の伸びてない状態を常にこの方法で維持することは困難と言えますし、、常に毛がない状態を理想とには不向きで実用性が低い処理方法といえます。

 

 

メリットとしては安いし手間や時間がかからず処理できる、脱毛した後は次の毛が生えてくるまでの期間が長いということがあります。

 

 

デメリットは痛みがあり肌に負担が大きくあることと、5mmから1cm程度の毛の長さが必要になるということ、毛が途中で切れてしまうことがあるということ、テープにしっかりと付着しないと抜けなかった毛が残るといったことがあります。

 

 

また、考えられるトラブルとしては肌が荒れてしまったり炎症を起こす可能性があることや埋没毛が発生する可能性もあり、色素沈着の原因になることもあります。

 

 

使用する時の注意点としては肌を清潔にして入浴後などに使用するか蒸しタオルなどで十分毛穴を開かせてから使用し、毛をテープで処理した後は、どうしても皮膚に盛り上がりができて毛穴が開いた状態になります。

 

 

ですから、今度は冷たいタオルなどで冷やして毛穴を締めてあげることが大切になります。そうすれば細菌などが入ったりすることを防いで肌トラブルを防止することができます。