むだ毛処理 時期

むだ毛を処理する時期はいつ頃がいいのか?

実際むだ毛を処理する時期はいつくらいがいいのかというと、仮にエステで脱毛してもらおうとしてもすべてのむだ毛がすべてなくなるわけではありません。

 

 

体毛にある発毛周期は、表面に毛が出て伸びていく成長期、その成長が止まって抜けて落ちていく退行期、新しく次に生えてくるまで待機している休止期を順番に繰り返しているのです。

 

 

ですから、その発毛のサイクルに合わせて処理をすると効果があると思いますが、剃ったりするとどうしても表面を削り取り成長期の毛はまたすぐ生えてきますからそれが退行期になるまで生え続ける以上気になって剃り続ける結果となります。

 

 

エステで脱毛すれば成長期の毛も退行期でもうすぐ抜け落ちるといった毛も抜くので表面の上にある毛はすべて一度は抜けることになります。そして毛穴の奥に潜んでいる休止期が伸びてきた時にまた脱毛することで肌への負担は軽くなるのです。

 

 

そのサイクルは個人差はあるものの、だいた2か月から3か月に一度を繰り返して1年目安で行うことになるかと思いますが、回を重ねていくことで毛の量が減ることで実感を感じることができるようです。

 

 

同じ場所を何度か繰り返して施術していくことで毛の量はもちろんですが、質も変わって産毛のように変化しだんだんと毛の薄いつるつるとした肌へと変わっていくわけです。

 

 

なによりもカミソリなどであらわれるような刺激や負担がないことが一番嬉しいことで、わきなどの肌の比較的柔らかい敏感な部分は特におすすめできます。