わき毛処理 毛嚢炎

わき毛の処理は毛嚢炎に注意が必要!

わき毛の処理を誤った方法で実施していると、毛嚢炎などを起こしてしまう場合があります。毛嚢炎は、毛を包んでいる箇所がバイ菌に感染することで炎症を起こしてしまうものです。

 

 

炎症初期は、それ程感じる症状ではないかもしれませんが、症状が進行していくとさらに悪化していきます。わきは、特に起こりやすいですし、汗により細菌が繁殖するからです。

 

 

お肌の表面を傷つけた状態にしておくと細菌は侵入しやすくなりますし、剃刀などの処理により毛嚢炎を発症する原因になり得ます。

 

 

毛嚢炎が軽い症状であれば、あまり心配することもなく、自然治癒することも多いですが、しこりになってしまったり、痛くなってしまったケースでは、皮膚科などに受診した方がいいでしょう。

 

 

さらにひどくなってしまうと痕が残ってしまう場合もありますので注意して下さい。

 

 

また、剃刀負けというのも、毛嚢炎のひとつと考えたほうがいいでしょう。保湿によりお肌をケアし、更に清潔に保って細菌が増殖しないように注意して下さい。無理なわき毛処理はしないようにして下さい。

 

 

むだ毛の処理をしたい場合は、出来るだけお肌に影響を与えないようにしていくことが必要です。脱毛エステサロンなどで処理をするのも一つの方法です。むだ毛の自己処理に不安のある女性は、プロのエステティシャンにお任せした方がいいと思います。