わき むだ毛 自己処理

わきのむだ毛の自己処理は肌荒れの原因に!

わき毛の処理で肌荒れする原因は、自分でするカミソリでの処理が原因の事が多いようなのですが、その他にもジェルやクリームを使った除毛が刺激を与えてしまい乾燥してかゆみや荒れの原因になることもあるようです。

 

 

毛の処理をした後のすぐの肌は、とても敏感になっているので気がつかないほどの小さな傷がついていたりすることもありますから、そこに制汗剤をつけたりすることによっても荒れる原因となりますので気をつけましょう。

 

 

肌荒れしてしまった場合、刺激を与えることはすべて避けるようにし、再度の毛の手入れなどもやめ、あまり沁みるようなら保湿ローションなども控えるようにします。

 

 

わきの肌荒れは軽い状態ならしばらくすれば、自然治癒しますが、いつまでたっても治る気配が無いときは悪化する前に皮膚科などに相談したほうがいいかもしれません。

 

 

肌荒れを起こすことにより乾燥し、痒くなり、そして結果掻いてしまって肌の荒れが悪化することになることも少なくありません。

 

 

元々わき自体が汗をかきやすく湿り気がある部分であり、雑菌が繁殖しやすい箇所なので、掻く強さが増すと傷ついた皮膚から菌が入ってさらに状態が悪くなることが予測されます。

 

 

しかも怖いことに肌を度重ねて掻いてしまうことにより皮膚組織が損傷しせっかく治ったあとも色素沈着として痕が残ることもありますから、ひどくなる前に自己判断でいろいろするのではなく、専門の医療で診察を受けてみることが大事となります。